テオティワカンのピラミッドへ行く直前に標識が出るので左に折れるとこの教会のある小さな村に着く。
なんにもないところなのだが、ガイドによるとこの教会が1571年建立のメキシコ最古のキリスト教会のひとつなんだそうだ。確かに見かけは古い。

このようにメキシコにはやたらと古い教会が多い。教会だらけの町もある。当時のスペイン人はメキシコ原住民族の改宗のために本当に力を注いだようだ。それが征服というものであろう。
今ではメキシコ人はみんな敬虔なキリスト教信者である。最近のいいかげんなヨーロッパ人なんか比較にならないほどである。

おっと、写真に写るその人は・・・。(ぼくです。)