アピサコは結局この写真しかなかった。
通りすがりの早朝にパチリ。それだけの接点しかこの町とはなかったんだっけ?と当時のことを思い起こしてみた。

出会いも一期一会なら、写真もまた然りである。またアピサコの写真を撮りに行こうなんて思っても、日本に帰った今では無理だし、もうおそらくその機会はやってこないであろう。

ぼくの旅行写真って何だろな。