石畳、白い壁の家、みなスペイン植民地時代の様式をそのままに残す山間の小さな町である。どことなくタスコに似たような情緒がある。が、タスコほど洗練されてはいない魅力もある。

あるガイドでここの存在を知り、メキシコ人にも評判を聞きながらクエツァラン行きの計画を温めた。まあ、メキシコ人の間でもそれなりに知られているようで、その町のたたずまいでも有名のようであった。しかし実際に行ったという人はまわりにはいなかった。
さあ、めざせクエツァランの日がやってきた。ゲゲーッ!!途中の道が舗装されていないっ!しかも延々と続く山道。
こりゃあ、誰も好んで行かんわ。

しかし、到着して町をカメラ片手に散策して救われたような気分になった。とてもいい感じなのである。行った時ちょうど市場が立っていて、町の人たちの活気も感じられ非常に好印象だった。

またここで買ったメロンが家へ帰ってから食べたらめっぽううまかった。が・・・もう一度買いに行こうとは思わない。あの砂利道がちょっとね・・・。