メキシコシティから程近い温泉付き保養施設のある町だ。まああまり期待しない方がいいが遊園地だってある。

標高も多少は低く一年を通じて温暖なのが保養地の条件である。保養施設の近くにはちゃんとした村があり、 この土地オリジナルの人が普通の日常を送っている。左の写真はそこでのスナップだ。

いつも天気がよく色とりどりの花が咲いているというのがこの村の印象だ。

実際、ハカランダの花の咲く季節にはここを訪れるのが定番だ。なにしろ道端がこの花の紫色でうめつくされるのだから。


これは教会の横で何気に撮った一枚。

日差し。  白い壁。  原色の花。  メキシコらしいコンビネーションではあるまいか。

実をいうと結局この町の保養施設のお世話になることがなかった。
行こう行こうといつも懸案ではあったのだが、いつのまにか時間は過ぎ去ってしまう。

何事も思い立ったが吉日である。