ここはいいぞぉ!・・・とメキシコ人に言われて、がんばってやってきました「ピエドラス・エンシマダス」。
スペイン語で「上に積み上げられた石」というような意味だ。

まあ、確かに写真のような奇岩が緑の平原にぼこぼこっとあるのだが、実際ぼくの印象は、「ふ〜ん」てな感じでしかなかった。あまりにもメキシコ人の前フリが大袈裟すぎて期待が先行してしまったのかもしれない。

そうは言っても珍しいことには違いない。写真をよく見てもらえばわかるが、奇岩の横に人が立っているので岩のサイズというものが想像できると思う。確かにこれは相当にでかい。奇岩の一つに近寄ってみて初めてこの名所(?)のありがたみが少しわかった。

しかし結局は行き帰りの道中に見る田舎風景の方が自分としては楽しめた。