エル・タヒンの遺跡が見たくてでかけた。ただ、メキシコ湾沿いのベラクルス州にまで来てしまうので、日帰りは無理。  そこで、遺跡のすぐ近くの町、ポサ・リカに宿を取ることにしたのだ。
しかしパチューカをかすめてポサ・リカへ至る道がひどかった。舗装はしてあるようなのだが、至るところのアスファルトがハゲていて、深い穴ぼこが無数にある状態だった。ガタゴトどころの騒ぎではない。ガガガン!ゴゴゴン!である。これで相当車の寿命を縮めたようだ。

「ポサ・リカ」を直訳すると「裕福な井戸」である。水ががっぽがっぽ出る井戸ではない。油田のことだ。同じベラクルス州のタンピコも石油で有名だが、ここらあたりもそうである。夜中車で走っていたら空が妙に明るい。山火事かなと思ったら 油田であった。