左の写真、早朝のプエブラのセントロ(中心地区)である。
石畳や街灯の感じが面白く、あえて逆光でシルエット調に狙ってみた。
プエブラはメキシコシティのすぐ隣の州で、州都もこのプエブラ。
グアダラハラ、モンテレイに次ぐメキシコ4番目の大都市のはずであるが、実際コロニアル情緒あふれる何とも雰囲気のいい町である。

下は「写るんです立体」による立体写真だ。プエブラのバスターミナルにあったカバのゴミ箱。立体視できる人は平行法でお楽しみいただきたい。
左の写真は、プエブラのカテドラル(大聖堂)横の広場にあった風車売りの商売道具である。昼下がりの広場の木陰ののんびりとした雰囲気がよかった。

右は自転車屋である。なんともすごいディスプレイである。売りものがそのまんまディスプレイ兼かんばんになってしまっている。