タスコ。ああ、タスコ。なんとフォトジェニックな町だろう。
(メキシコだからといってタコスではない。タスコなのだ。)
如何せんメキシコシティから気軽に行ける距離にあるためもあって、観光客が絶えない。この観光客が写真を撮るには邪魔なのだ。こうなったら早朝にシティを出て観光客が起き出す前に写真を撮らねばならない。そうやって何度となく足を運んだ。
おすすめのスポットは、左の写真を撮った丘の上の教会である。ここからだとちょうどタスコのシンボルであるサンタ・プリスカ教会が真ん中にくる形で町全体を俯瞰できる。絵葉書写真と呼ばれようがかまわない。自分のお気に入りの風景なのだから。

この町は昔銀山であった。銀で栄え、町ができた。したがって、山肌に張り付くように家が立ち並び、石畳の起伏や、スペイン風白壁の家々の重なりが、なんとも言えないシーンを作ってくれている。

銀でもうけた金で建てた家々であり、そこいらの町のあばら家とは作りやこだわりが全く違うのがわかる。しかしながら今となっては銀なんてみやげ物の銀細工くらいだから、家々も今でもピッカピカというわけにはいかない。ところがそれらの家々は適度にメンテが足りないわけで、これまた古びたいい味を出しているわけだ。 このようにいろんな要素が微妙に影響しあってタスコという空間は出来上がっているのである。