テポツォトランはその教会が有名。
植民地時代のイエズス会の重要な神学校だったところだそうで、博物館として内部の展示を見られるようになっている。
正直ぼくはあまり興味がなく、ふ〜んとながめただけで終わってしまった。 黄金の祭壇なんてのも中で見られる。興味のある方は是非。

写真を撮るには古めかしい建物と三々五々人の集まる広場と、なかなかいいスポットであった。

ここを足がかりに、近くにある「アルコス・デ・シティオ」の水道橋をめざすと効率がよいだろう。