もっとまともな写真はないのか!と、腹立たしくなるような写真しかないが、これは紛れもなくトルーカで撮った写真である。
誰がなんと言おうとそうなのである。

トルーカの町はメキシコ州の州都だけあって結構大きい。郊外には日本や欧米の企業が工場を競って建てており、工業地帯のベッドタウンとしても栄えているわけだ。

僕自身は何度か行く機会があったが、あまり印象深くはなく馴染みの薄い町である。
だいたいこの町のその向こうに行くときの通りすがりというパターンが多かったと思う。

ここにお住まいの日本人も多いと聞く。(そう言えば日本食レストランも何件かあったなあ。)
メキシコシティでも相当高地(標高2,200m)なのだが、ここトルーカはなんと標高2,700mである。聞いただけで頭がくらくらする。お住まいの方は本当にご苦労である。