この左の写真はメキシコシティ、デル・バジェ地区、ニコラス・サン・フアン通りにあるマンションの6階から撮ったものだ。
そう、ぼくの住家だったところ。

ことある度に、この窓からのこの景色を眺めながら、「どこかへ出かけた〜い!」という思いで頭はいっぱいだった。
週末が来ると妙に早起きになり、お出掛けモードになってしまう。さ〜て、今日はどっち方面へ行こうかな?

ここでひとつ断っておく。左の写真、えらく天気がいいのだが、こんな爽やかな晴れ方をするのは一年でそう何度とない。1年1回あるかないかと言ったら言い過ぎだろうか。しかしそれくらい普段は晴天時でもスモッグでどんよりと曇っている感じがする。そう、大変な大気汚染なのである。これもこの都市(まち)を一瞬でも出たいと思わせる一因でもある。
左のお粗末な航空写真をご覧頂きたい。 これはわが町デル・バジェ地区の上空からの貴重な(?)写真である。
そして、赤マルで囲んであるのがウチのマンションである。ちょっと背の高い建物が2つ寄り添っているのがわかるだろうか?その左側の建物の6階である。
ホントどうでもいいことだが・・・。

この地区は市の真ん中あたりになるのだが、商業地区は北に集中しており、もっぱら住宅街といったところ。殺伐とした感じは上空からでもわかるところが怖い。
遠方に雪をまとった美しい山がふたつ並んで見える。左が「眠れる女」と称される『イスタシワトル』(標高5,286m)、右の雄々しい姿をしたのが『ポポカテペトル』(標高5,452m)である。
これもまた我が家の窓からの撮影であるが、これこそ貴重ショットであり、メキシコシティのうちの家からこれだけくっきりした姿が拝めることはまずない。 ぼくの記憶でも5年間で2〜3度である。 シティの外にはこのような大自然も広がっている!このゴミゴミした都市(まち)で毎日スモッグに隔絶された生活を強いられる理由はないはずだ!さあ、出かけよう!たとえ週末限りでもかまわない。旅に出よう!