サカトラン。町の中心にある教会の広場の片隅である。建物は修道院か。

この町は何が有名かというと、「リンゴ」らしい。メキシコ人に聞くと、ああ、リンゴのサカトランね!と返事が返って来る。
確かに道端や街道に露天商のようなリンゴ屋はいくつか見た。「これが有名なサカトランのリンゴかぁ」とよく見てみると、 小粒で青くて、いかにもまずそうなリンゴであった。
メキシコシティのスーパーじゃ真っ赤なおいしそうなリンゴが売っているというのに困ったものだ。

まあ、町自体は素朴な感じでありながら活気もあるという、ぼくの好みの町であった。
パシャ、パシャっとスナップして次の目的地「ピエドラス・エンシマダス」に向かった。